プラセンタで女性ホルモンのバランスを整える事による効果

プラセンタとは胎盤のことです。胎盤には胎児を育てるためのアミノ酸・脂質・糖質・ビタミン・ミネラル・成長因子などさまざまな成分が含まれています。これらの成分が女性ホルモンの分泌を整えます。

脳の視床下部は血液中の女性ホルモンの量を計り、必要に応じて性腺刺激ホルモン放出ホルモンを分泌します。この刺激を受けて下垂体が性腺刺激ホルモンを受けます。この働きで卵巣が女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンを分泌します。

しかし、自律神経の働きが乱れたり、バランスが悪い食事をしているとこの働きが乱れて、女性ホルモンの分泌に影響を与えます。その結果、若くても更年期障害のような症状がでたり、生理不順、月経前症候群などの不調が表れることがあります。

プラセンタには自律神経の働きを整えたり、女性ホルモンの分泌を促す働きがあり、女性ホルモンの分泌を正常にします。プラセンタには女性ホルモンが含まれていないので、副作用の心配はほとんどありません。

では、ホルモンバランスが整うとどのような影響があるのでしょうか。

健康面では更年期障害の緩和、生理不順、月経前症候群の改善が期待できます。プラセンタ製剤のメルスモンは、更年期障害の治療として利用されています。

美容面ではニキビ・肌荒れ・乾燥・シミの改善が期待できます。女性ホルモンが乱れると自律神経にも影響を与え、肌の生まれ変わりが滞ります。ホルモンバランスが整うことでターンオーバーが正常になり、肌トラブルが解消します。

生理前になるとニキビができた経験がありませんか。生理前はプロゲステロンの分泌が増えて、その影響で皮脂分泌が活発になりニキビができやすくなります。プラセンタの摂取でホルモンが整うことで、生理前のニキビの予防も期待できます。