顔汗経験とその対策

みなさん顔汗で困ったことありますか?また顔汗で悩んでいる方いますか?私は顔汗の量が人より多いと思うし、よく顔汗がでます、顔汗がでると止まらないこともありとても困っています。そんな顔汗のちょっとした私の経験と対策を紹介したいと思います。

まずどんな時に顔汗がでますか?私は、緊張した時、焦っている時、急いでいる時、寒いところから暖かいところに移動した時、走ってしるときは顔汗は出ず、走り終わって少しした時などです。その中でも、顔汗で困ったり恥ずかしい思いをした経験で頻度が多いのは、バスやJR、地下鉄など公共の交通機関を利用する時にです。

時間に間に合わなそうになり、ほんの少し走ったり、少し小走りにした時にその走っている時には顔汗がでませんが、バスやJR、地下鉄に乗り込んで、ふっと一息ついた途端に少しづつ顔汗がではじめ、その後どんどんと大量の顔汗が出てきます。不思議なことに体にはそれほど汗をかきません。夏や冬という外の気温も関係していないよう寒い冬でも顔汗がでてきます。

一度顔汗が出はじめると止まらず、じんわり汗ばんでいるところから、顔から滴り落ちるほどにでてきます。ハンカチで抑えていますが、全然間に合わず、誰も見ていないし気にしていないかもしれませんが、他にバスやJR,地下鉄に乗っている人の目も自分では気になってしまい、恥ずかしいです。前にハンカチで顔を覆っていたら、具合が悪いのか聞かれたこともあり、恥ずかしくて余計に顔汗もでました。せっかく自宅でしてきたメークもすっかり落ちてしまい、またメークをしなければいけなくなるし、がっかり落ち込みます。ようやく顔汗が落ち着くのは、バスやJR,地下鉄を降りる頃でほんとに恥ずかしい思いです。

そんな公共の交通機関を利用する時に私のように顔汗で困っている人は私だけではないと思います。何人かはいると思います。

そうゆう時の公共の交通機関での私の顔汗対策は、ケーキを買った時などについてくる保冷剤です。その保冷剤を冷凍庫でキンキンに凍らせて、ハンカチに巻き鞄の中に忍ばせています。

自宅から公共の交通機関を利用するまでの時間一時間くらいなら溶けてしまいません。大丈夫です。そのハンカチに巻いた保冷剤を、公共の交通機関に乗り込み一息ついたあたりで顔汗が出てくる前に首の後ろにあてておきます。

そうすることでかなりの顔汗を防げますよ。ハンカチに巻いているので、周りから見ても保冷剤だとわかりません。ハンカチで少し汗を拭いている感じに見えるので、恥ずかしいこともありません。家にあるものだけでお手軽にできるのでとてもいいですよ。

もう一つ私がやっている対策は、胸の下あたりにアンダーバストのあたりにひもをきつめに巻いてしばっています。これ顔汗でないんです。走ったりしたときだけだなく、緊張したり、焦ったりしている時は、いちいちハンカチ巻きの保冷剤を首にあてれる状況じゃない時もあると思います。

例えば、面接とかスピーチのときなどそうゆうときはあらかじめ、ひもをアンダーバストのあたりにきつめに巻いてみてください。まったくでないというわけではありませんが、かなりの量を防げます。私は顔汗の量が多い方なので、そんなに量が多くない方はかなり防げるかもしれません。

このようにして日々顔汗対策をしています。顔汗は、どうしようまた顔汗がでてきた、早く止めなきゃと思えば思うほど、さらにどんどんでてくるような気がします。なのでなにかひとつこうゆう対策をすることで、私は顔汗対策ばっちりだから大丈夫という気持ちになれて、顔汗が出てきたことによる焦りのようなもので、さらに顔汗が増量されることも防げますよ。みなさんもぜひ私の紹介した経験、対策を参考にしてみてください。

顔汗を抑える食事方法なんかもチェックしてみてくださいね。

やらない人が多いから差がつく!体のスキンケア

顔のスキンケアは、必死でいい化粧品を探したり、お肌の変化に気を使っているのに、体の方のお肌のケアをしている人はあまりいません。

体のスキンケアは安いものを使ってもすぐに効果が出るので、今から気軽に始めていただきたいです。

まずは、体のスキンケア不足で起きるお悩みについてご紹介します。入念なケアをしてもらえる顔に比べ、手薄になる体は、知らず知らず外部からのダメージを受け老化が進んでいます。

腕や足はムダ毛処理の度に引っ掻かれ、角質が削られています。徐々に毛穴が目立つようになり、黒ずみもでてきます。

必ず化粧をする顔と違い、日焼け止めを塗る習慣が無いとうっかり日焼けして紫外線ダメージをうけてしまいます。

顔は綺麗なのに、首がしわしわ、色が違う!というのが一番年齢を感じさせるポイントです。お化粧で取り繕える顔と違って、体は隠す以外にごまかす方法がないので、年々両者のギャップが開いていきます。

顔に比べて、体は他人から触れられる機会が多いのも、スキンケアが欠かせない理由です。素敵な女性でも触れたらカサカサ、シワシワでは幻滅です。

では、体のスキンケアはどうしたらいいでしょうか?

安いものでもいいので、化粧水+ボディクリームの組み合わせがおすすめです。

ボディクリームだけなら使っている、という方もいらっしゃると思いますが、これでは潤い不足。油分で肌表面がべたつくだけで、皮膚自身に潤いが宿りません。逆に化粧水だけの場合は、せっかく与えた水分が蒸発してしまい、さらにその際に表皮の水分ももっていかれてしまいます。

化粧水で水分を与えてから、閉じ込めるようにクリームを付けてください。

秋冬は乾燥、春夏は除毛と紫外線でダメージを受けているので、季節を問わず継続するのもポイントです。

忙しい、面倒だから、などの理由で多くの人が省いている体のスキンケア。でも、やってみると簡単で、全く肌質が変わってくるのでやめられなくなるはずです。

20代から続ける美容法

《気づいてからじゃ遅いんです!!》

お肌の変化は年代毎に様々です。しかし、急激に変わるわけではありません。私は30歳を過ぎていますが30代の自分の肌にも真摯に向き合っています。初めての会う人の印象はほぼ見た目で決まるということは皆様ご存じだと思いますが、見た目とは一体どこを見ているのか気になるところです。

なんと、以外にも女性だと髪の毛やお肌まで見られているとは女性である私自身気づきませんでした。もちろん顔のパーツやスタイルにも目がいきますが、もしもその部分に自信があまりない方はお肌や髪の毛のお手入れに力をいれてみませんか?私も人並み優れたものを持っているわけではありませんが、自分の努力で綺麗にできる事は諦めずに頑張ってます。

そのひとつがお肌のお手入れです。20代のうちから始めると差が出ます!20代をとうに過ぎてても間に合います!

金銭的に余裕がある方はエステやお高い基礎化粧品を使えますが、そうではない方におすすめなのが、①クレンジング②洗顔③化粧水④保湿この4つです。まずクレンジングをする場合、個人差があるので自分にあったクレンジングを選んでください。

オイルが合わない場合リキッドやクリームに変えてみたり。クレンジングと洗顔で大事なことはこすらない!これです。洗顔もこ洗顔料も固形石鹸をおすすめします。しっかりと泡立てたなら顔全体を包み込みそのまま泡パックで少し時間をおきます。ぬるま湯で優しく流したらタオルで優しく拭いてください。

次は化粧水です。一番、水分を吸収するタオルドライ後すぐに水分を肌に入れましょう。その時、お高い化粧水をチビチビ使うくらいなら安価な物で浴びるほど使ってください!五百円玉程を手に広げまんべんなくお肌に吸い込ませます。手の体温で肌も化粧水も温まり肌に馴染みます。

足りなければ更に化粧水を足してくださいね!肌全体が化粧水吸収仕切ったらすかさずクリームで蓋をします。乳液でもオッケーです。クリームも手に広げ顔を包み込むように肌に押し込みます。体温で馴染むまで手で押し込んで下さい。少しの時間と手間がかかりますがこの方法で翌日のお肌がもっちりとなり化粧のノリも変わります。

お肌のお手入れ、少しだけ頑張って見ませんか?自分がもっと好きになれますよ♪