顔汗経験とその対策

みなさん顔汗で困ったことありますか?また顔汗で悩んでいる方いますか?私は顔汗の量が人より多いと思うし、よく顔汗がでます、顔汗がでると止まらないこともありとても困っています。そんな顔汗のちょっとした私の経験と対策を紹介したいと思います。

まずどんな時に顔汗がでますか?私は、緊張した時、焦っている時、急いでいる時、寒いところから暖かいところに移動した時、走ってしるときは顔汗は出ず、走り終わって少しした時などです。その中でも、顔汗で困ったり恥ずかしい思いをした経験で頻度が多いのは、バスやJR、地下鉄など公共の交通機関を利用する時にです。

時間に間に合わなそうになり、ほんの少し走ったり、少し小走りにした時にその走っている時には顔汗がでませんが、バスやJR、地下鉄に乗り込んで、ふっと一息ついた途端に少しづつ顔汗がではじめ、その後どんどんと大量の顔汗が出てきます。不思議なことに体にはそれほど汗をかきません。夏や冬という外の気温も関係していないよう寒い冬でも顔汗がでてきます。

一度顔汗が出はじめると止まらず、じんわり汗ばんでいるところから、顔から滴り落ちるほどにでてきます。ハンカチで抑えていますが、全然間に合わず、誰も見ていないし気にしていないかもしれませんが、他にバスやJR,地下鉄に乗っている人の目も自分では気になってしまい、恥ずかしいです。前にハンカチで顔を覆っていたら、具合が悪いのか聞かれたこともあり、恥ずかしくて余計に顔汗もでました。せっかく自宅でしてきたメークもすっかり落ちてしまい、またメークをしなければいけなくなるし、がっかり落ち込みます。ようやく顔汗が落ち着くのは、バスやJR,地下鉄を降りる頃でほんとに恥ずかしい思いです。

そんな公共の交通機関を利用する時に私のように顔汗で困っている人は私だけではないと思います。何人かはいると思います。

そうゆう時の公共の交通機関での私の顔汗対策は、ケーキを買った時などについてくる保冷剤です。その保冷剤を冷凍庫でキンキンに凍らせて、ハンカチに巻き鞄の中に忍ばせています。

自宅から公共の交通機関を利用するまでの時間一時間くらいなら溶けてしまいません。大丈夫です。そのハンカチに巻いた保冷剤を、公共の交通機関に乗り込み一息ついたあたりで顔汗が出てくる前に首の後ろにあてておきます。

そうすることでかなりの顔汗を防げますよ。ハンカチに巻いているので、周りから見ても保冷剤だとわかりません。ハンカチで少し汗を拭いている感じに見えるので、恥ずかしいこともありません。家にあるものだけでお手軽にできるのでとてもいいですよ。

もう一つ私がやっている対策は、胸の下あたりにアンダーバストのあたりにひもをきつめに巻いてしばっています。これ顔汗でないんです。走ったりしたときだけだなく、緊張したり、焦ったりしている時は、いちいちハンカチ巻きの保冷剤を首にあてれる状況じゃない時もあると思います。

例えば、面接とかスピーチのときなどそうゆうときはあらかじめ、ひもをアンダーバストのあたりにきつめに巻いてみてください。まったくでないというわけではありませんが、かなりの量を防げます。私は顔汗の量が多い方なので、そんなに量が多くない方はかなり防げるかもしれません。

このようにして日々顔汗対策をしています。顔汗は、どうしようまた顔汗がでてきた、早く止めなきゃと思えば思うほど、さらにどんどんでてくるような気がします。なのでなにかひとつこうゆう対策をすることで、私は顔汗対策ばっちりだから大丈夫という気持ちになれて、顔汗が出てきたことによる焦りのようなもので、さらに顔汗が増量されることも防げますよ。みなさんもぜひ私の紹介した経験、対策を参考にしてみてください。

顔汗を抑える食事方法なんかもチェックしてみてくださいね。